来年度の新卒採用支援

3回生が就職活動を始める時期が迫っています。それが10月ごろから慌しくなります。現在の4回生は入社があと半年に迫っています。だから就職活動している4回生にとっては焦る気持ちが生まれるのか、冷静さを保てるのかと色々な状況が生まれます。とにかく冷静になる事です。4回生は既に内定を頂いているものの、まだ納得いっていない就活生から全く内定貰えずに苦戦している学生など多種様々です。仕事をするために一生を捧げるのが就職活動です。

来年度の新卒採用情報と今年度の新卒採用情報を照らし合わせてみると、違うのは会社の業績欄です。今年度の場合は前年度までの売り上げなどの業績です。来年度は既に今年度の売り上げが含まれています。あまり変わりません。給料面も変わりません。私は一度来年度の新卒採用情報をホームページで覗き見していました。就職活動はまだまだ始まったばかりですが、これを最初の第一歩として踏み出しています。来年度の新卒採用情報を見た瞬間、あの頃の自分を思い出しました。そして大変な状況へと変わる、学生にとっては戦場なんだと実感しました。これは私が就職活動の経験から思った事です。私が就職活動していた時代と今の就職活動の状況は大きく変わっています。

市場活性化していたのは私が活動していた時期で、現在は就職氷河期になっています。来年度の新卒採用情報は前年度とあまり変わりありませんが、変わるのは写真です。採用募集人数は変わっていますが、だいたい制限募集通りの数値になっています。その中で学生同士の争いが始まります。採用側は面白いと思っていますが、学生はとにかく必死なのです。自分を知って貰うのはとにかく面接が就職活動では問われています。人間性を会社側が把握するのは入社後になります。だから手探り状態なのだと思います。両方がマッチングしているかどうか今は分かりません。やはり職場で分からない物です。来年度の新卒採用情報で企業研究は難しいです。就職先予定の会社のホームページで研究する方が良い、実際には会社訪問して研究した方が理想的です。肌で感じる研究と教科書など参考書で学んだ事では差が違います。成果が違うだけに、学生も必死に勉強する必要があります。就職活動すると企業研究は会社訪問するほどの時間がありません。ホームページやパンフレットなどで研究するしかありません。会社訪問出来たら最高なのです。仕事をするために熱意が最終的に左右されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*